Read Article

平成29年度 児童発達支援・放課後等デイサービス 自己評価表

チェック項目 はい どちらとも
いえない
いいえ 改善目標、工夫している点など
環境・体制整備 1 利用定員が指導訓練室スペースとの関係で適切であるか 児童福祉法に基づく指定通所支援事業等の基準を満たしている
2 職員の配置数は適切であるか 看護師・保育士・児童指導員等の資格保持者を常時3人以上配置している。
3 事業所の設備等について、バリアフリー化の配慮が適切になされているか 必要に応じてスロープを設置するなどの配慮を行っている
業務改善 4 業務改善を進めるための PDCA サイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか ITツールを利用し、スタッフ間で随時意見交換を実施している
5 保護者向け評価表を活用する等によりアンケート調査を実施して保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげているか 保護者向けに専用のフォームを用意し、匿名でのご要望もお受けできるようにしている。
6 この自己評価の結果を、事業所の会報やホームページに公開しているか 事業所のHP内にて公開している。
7 第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか 外部からの見学を受け入れることがあり、その際に頂くご意見やご感想を参考にするようにしている。
8 職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保しているか ITツールを活用し、研修以外でも指導や意見交換を行っている。
適切な支援の提供 9 アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後等デイサービス計画を作成しているか ITツールの活用により、お子様の状態を保護者とも共有し、目標を設定していくようにしている。
10 子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか ITツールを利用し、必要となる情報の聞き取りなど、スタッフにわかりやすいようにしている。
11 活動プログラムの立案をチームで行っているか 毎月の会議及び日々の意見交換により、日々のプログラムに関しチームで考案している。
12 活動プログラムが固定化されないように工夫しているか 毎月の会議及び日々の意見交換により、日々のプログラムに関しチームで考案している。
13 平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか 長期休暇でしかできないこと、短時間の利用でもできることをグループの特性を見極めながら実施している。
14 子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を作成しているか 保護者へのアンケート調査や聞き取り調査をもとに個別指導、ペア―指導、少人数集団指導の希望にそって指導計画を立案している。
15 支援開始前には職員間が必ず打ち合わせをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか 支援開始前だけでなく、支援中に変更があった場合にも随時、全スタッフが共有できるよう努めている。
16 支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気づいた点等を共有しているか ITツールを活用し、勤務日以外でもミーティング内容が確認できるようにしている。
17 日々の支援に関して正しく記録を取ることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか ITツールを利用し、スタッフ間だけでなく保護者に対しても公明正大に公開するようにしている。
18 定期的にモニタリングを行い、放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか ITツールを利用し、常時保護者との意見交換ができるようにしている。また、スタッフ間でそれを共有し、計画の見直しや設定に利用している。
19 ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせた支援を行っているか 様々なグループでの活動を通し、個々の発達過程や特性、適応行動に応じた支援を実施している。
関係機関や保護者との連携 20 障害児相談支援事業所のサービス担当者会議のその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか 原則、児童発達管理責任者が出席している。
21 学校との情報共有(年間計画・行事予定等の交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整(送迎児の対応、トラブル発生時の連絡)を適切に行っているか 保護者を通じ、いつでも連携が取れる体制を整えている。
22 医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか 主治医に指示書を依頼し、適切に対応できるようにしている。
23 就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定子ども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか 保護者を通じ、いつでも連携が取れる体制を整えている。
24 学校を卒業し、放課後等デイサービス所から障害者福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか 保護者を通じ、いつでも連携が取れる体制を整えている。
25 児童発達支援センターや発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか 地域の連絡会からの情報を受け、事業所の利用者の状況を見極め、可能な限り研修等に参加するよう調整している。
26 放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか 地域の公園を活用し、地域の子供たちと一緒に遊べる機会を設けるようにしている。
27 (地域自立支援)協議会等へ積極的に参加しているか 事業所の利用者の状況を見極め、可能な限り参加するようにしている。
28 日頃から子どもの状況を保護者と伝えあい、子どもの発達の状況や課題についての共通理解を持っているか ITツールを活用し、24時間いつでも保護者と連絡が取れるようにし、子どもの状態について共有するようにしている。
29 保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか ITツールの活用により、子どもの状態を共有し、保護者に対して助言を行ったりなど、常に保護者に対する支援が実施できる体制を整えている。
保護者への説明責任等 30 運営規程、支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか 契約時に口頭での説明を実施する共に、ITツールを活用し保護者がいつでも確認できるようにしている
31 保護者の子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか ITツールの活用により、子どもの状態を共有し、保護者に対して助言を行ったりなど、常に保護者に対する支援が実施できる体制を整えている。
32 父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか 親子教室やユーザー会を実施し、保護者同士の関りが持てる活動を実施している。
33 子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか 24時間いつでも連絡が取れる体制を確保し、また匿名でも連絡できるよう専用のフォームを設置している。
34 定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか HP内に活動内容や毎月の予定を公開している。
35 個人情報には十分注意しているか 個人情報保護法に基づき、セキュリティを整えている。
36 障害のある子どもや保護者との意思疎通や情報伝達のための配慮をしているか 利用中でも気軽に申し伝えできるようITツールを利用し、連絡体制を整えている。
37 事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか グループでの活動を通じ、地域の方々との関りが持てるようにしている。
非常時の対応 38 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、職員や保護者に周知しているか 管理者・看護師が中心となり、実施している。
39 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか 管理者・看護師が中心となり、実施している。
40 虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか 管理者が中心となり、実施している。
41 どのような場合にもやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得たうえで、放課後等デイサービス計画に記載しているか 原則、身体的拘束を行わない。
42 食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか アレルギー対応の必要な子どもに対し、食事・おやつの提供を実施せず、持参をお願いしている。
43 ヒヤリハット事例集を作成し事業所内
で共有しているか
ITツールを活用し、スタッフがいつでも登録・確認できる体制を整えている。
Return Top