Read Article

ご存知ですか?欠席とキャンセルの違い~児童デイ~

ご存知ですか?欠席とキャンセルの違い~児童デイ~

児童デイサービスをご利用になられていると、
「同じ日に2か所以上でのサービスは受けられない」だったり、
「欠席の扱いにならないように」だったりの説明を受けることが多いかと思います。

でも、この「欠席の扱い」、意味がわかりにくいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、児童デイサービスのご利用にかかる「欠席」と「キャンセル」の違いをお伝えしたいと思います!

<キャンセルとは??>

通常、3営業日前までのお休みの連絡をすることで、利用予約自体が”なかった”として取り扱われます。

例えば、土日がお休みの事業所で考えると、

・7月19日(金)の利用をお休みしたい→7月16日(火)までに事業所に連絡が必要
・7月22日(月)の利用をお休みしたい→土日を除いて3営業日前なので、7月17日(水)までに連絡が必要

という感じになります。
間違えて複数の事業所に予約をしてしまった!!ということもあるかと思いますので、
早めに気付いて、お休みする事業所に早めに連絡する必要があります。

<欠席とは?>

急病等の理由で、利用予定日当日・前日・前々日にお休みの連絡をした場合、
利用予定だった事業所が、ご本人様や保護者さまと連絡調整を行ったうえで、「欠席時対応加算」が算定されることとなります。

この「欠席時対応加算」が算定される場合、欠席した同じ日に違う事業所を利用されますと、
”1日に2か所以上の事業所を利用した”こととみなされてしまいます。

通所受給者証を利用して、1日に2か所以上の事業所を利用することはできませんので、
この場合、事業所にもよりますが、該当する日の利用料が「自費」となってしまう可能性があります。

基本的にはこのような感じなのですが、
事業所によっては、「欠席時対応加算」とは別に、食費や材料費等に対するキャンセル料がかかることもあるようです。

お子さんが小さい間は特に、急に体調が悪くなったりしやすいかと思います。
そういった時のためにも、それぞれの事業所にキャンセルや欠席のときの取り扱いについて確認し、情報を整理しておくのもいいかもしれませんね(*^^*)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top