Read Article

平成31年度大阪市第二子等放課後等デイサービス及び障がい児入所支援利用料軽減にかかる給付費の支給申請について

平成31年度大阪市第二子等放課後等デイサービス及び障がい児入所支援利用料軽減にかかる給付費の支給申請について

大阪市で実施されている、放課後等デイサービスの「大阪市第二子減免」についてのご連絡です。
現在、放課後等デイサービスとしてご契約の方(小学生以上)で、弟妹のおられる方はご確認をお願いいたします。

対象となるご家庭

きょうだいの中の一人が放課後等デイサービス又は障がい児入所支援を契約により利用し、
別のきょうだいが保育所又は認定こども園に通所(通園)している場合で、
利用者負担区分が「一般」のご家庭(利用者負担が4600円もしくは37200円のご家庭)となります。

青竹のふしご契約中の方ですと、ご利用になられている方のご兄弟が、
保育園もしくは認定こども園の2号認定・3号認定で通園されているの方が対象となります。

*ご兄弟が認定こども園の1号認定で通園されている方は対象外ですのでご注意くださいませ。

支給額について

対象のご家庭は、毎月の利用者負担上限額が2分の1となります。
利用者負担上限額が4600円のご家庭は、軽減後は2300円に、37200円のご家庭は18600円になります。

事業所へのお支払いは、軽減前の利用者負担上限額(4600円もしくは37200円)のままとなり、
軽減後の上限額を超えた金額が、後日、指定した口座に振り込まれることになります。

例① 4月の利用者負担額が4300円で、上限額が4600円(軽減後2300円)の場合→2000円が大阪市から後日振り込まれます。
例② 4月の利用者負担額が5700円で、上限額が37200円(軽減後18600円)の場合→大阪市からの返還はありません。
例③ 4月の利用者負担額が20000円で、上限額が37200円(軽減後18600円)の場合→1400円が大阪市から後日振り込まれます。

申請方法

①給付費支給申請書を利用している事業所に提出します。

②事業所から大阪市に、対象となるご家庭の申請書を取りまとめ、提出します。

③給付が決定したら、決定通知とともに、毎月提出する必要書類が事業所に送付されます。

④毎月、事業所より必要書類を対象となるご家庭にお渡ししますので、
 前月分のご利用金額をご確認いただき、大阪市への請求金額と振込先を記入し、事業所に提出します。

⑤事業所が、その他の必要書類とともに大阪市に提出します。
 (複数事業所を利用している場合は、上限管理事業所が他事業所分も取りまとめて提出します。)

⑥大阪市の審査後、確定した金額が指定口座に振り込まれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対象となるご家庭や、申請方法など、かなりわかりにくいかと思います。
「うちは対象になるの?」という方や、
「対象にはなるけど、どうやって申請するの?」など、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^^*)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top