Read Article

料金

児童デイをご利用頂ける方

 対象年齢0~18歳
0歳~18歳未満の方が対象で、6歳未満は「児童発達支援」になり、以上は「放課後等デイサービス」という事業名になります。
いずれも同施設でのご利用が同様に行えます。

保育所・幼稚園・小学校等を併用してのご利用も可能です。但し、同日に他の児童デイサービスを利用することはできません。



 受給者証障がい児通所受給者証をお持ちの方
お住まいの市区町村にて障がい児通所受給者証を交付される必要があります。
障がい児通所受給者証は、市区町村で発行される療育や何らかの支援が必要な児童であるという証明として発行されます。身体障碍者手帳や療育手帳がなくとも発行されますが、お子様の状態を市区町村が判断して発行可否を決定します。

障がい児通所受給者証を申請する際に、利用施設を決定後に申請となった場合は、先に「利用説明会」にご参加ください。
※すでにお持ちの方で利用の上限日数が足らない方は、日数を増やす申請を行ってください。


児童デイをご利用頂ける時間帯

 月~金曜日 9:30~17:00

9:30-14:30
午前の部
主に未就学児のお子様利用が多い時間帯です。
人数も少なめで手厚くケアもでき、ゆっくりとした利用が望めます。来年度から幼稚園や保育所利用を検討されている方や、医療的なケアが必要なお子様など、生活リズムを形成したり、ご家族様以外の人間と関わったり、お友達と関わったりするのにはおすすめのご利用時間帯です。
11:00-17:00
午後の部
就学後のお子様が多い時間帯になります。
お兄ちゃん、お姉ちゃん的な存在になって関わってもらったり、小さいお子様に対して関わって教えてあげられる時間帯となり、小さな社会が形成されます。数名程度で学習支援も行うことも可能ですので、宿題や学校の授業内容の振り返りなども学ぶことが出来ます。
9:30-17:00
一日利用
キャリアウーマン・イクメン支援コースです。
働いておられる方や、ご兄弟の用事などで一日利用されたい場合や、夏休みなどに一日ご利用いただくことが可能です。子どもたちの成長と、それを支える親御様のワークライフバランスを保っていただくためのプランで、社会参加を行なって頂けることを目的としています。
平日の9:30から17:00までの営業となり、午前・午後・一日利用のいずれかを選んでいただき、各部の時間内であれば、ご予約時にお好きな時間を指定することが可能です。
保育所・幼稚園・小学校等を利用された同じ日の前後に、児童デイをご利用することも可能ですが、他の児童デイ(児童発達支援・放課後等デイサービス)は、同じ日にご利用することが出来ません。同じ日でなければ、複数の児童デイをご利用いただくことは可能です。
土日は原則としてお休みさせていただきます。ご利用者様向けにイベント的に開所する場合がございますが、土曜日のみのご利用は出来ません。

児童デイでのサービス利用料金

事業名\日 1日あたりのご利用負担額
放課後等デイサービス 授業日 847円
放課後等デイサービス 学休日 978円
児童発達支援 1,089円
大阪市では平成29年4月より4歳児・5歳児の児童発達支援利用料が無料になっております。詳しくは5歳児無料のご案内からどうぞ。
未就学児のお子様は一律ですが、小学生以降の就学されているお子様は、学校の授業日によって利用額がことなります。ご利用時に授業日の確認をさせていただきます。


月額上限負担額の摘要

上限区分 説明 月額上限負担額
生活保護 生活保護世帯の場合 0円
低所得1 市民税非課税世帯であり
保護者(18歳以上の場合は本人)の収入が年額80万円以下の場合
0円
低所得2 市民税非課税世帯であり、低所得1に該当しない場合 0円
一般 市民税課税世帯であり、所得割額が28万円未満である場合 4,600円
一般 市民税課税世帯であり、所得割額が28万円以上である場合 37,200円

障害福祉サービス(児童発達支援・放課後等デイ)の自己負担額は、所得に応じて表1(上限負担区分表)の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担額は生じません。月額上限負担額は、障がい児通所受給者証に記載されています。

※オプション利用料金やその他費用については含まれませんのでご注意ください。


オプション利用料金(月額サービス)

 青竹のふしクラウドサービス月額 1,980円

その他の施設利用料、おやつ等はすべて無料です。
実際のご利用が無い月でも青竹のふしクラウドサービス利用料は必要となりますが、システム内での相談や青竹のふしからの最新情報配信等は、ご利用頂けます。
※体育館利用や課外での実施時には、別途料金が発生する場合があります。
青竹のふしクラウドサービスとは?
Return Top