Read Article

医療ケア

どんな障がいがあっても利用できる。

e-01
e-02

在宅酸素・経管栄養・気管切開などの医療的なケアが必要でも、青竹のふしは利用出来ます。 それは、在宅リハビリ青竹のふし訪問看護ステーションで小児を中心とした訪問看護・訪問リハビリを実践し、地域というものを見てきたからこそ出来ることで、そこには地域医療のノウハウが詰まっています。 地域で豊かに暮らしていくために、子どもの間に出来ることを青竹のふし子ども発達リハビリセンターでは、小集団の関わりで、本当に必要な成長発達が望めます。

パパ、ママ。わたし、もっと成長するよ。

地域医療から生まれた児童デイ
青竹のふしは、逃げない。生活における支障が、たとえどんな原因であろうと、地域で暮らすために区別なんてない。みんながその街で、地域で生きていく。そんな当たり前を、当たり前に受け入れるために、障害の種類や症状などで分類をしません。
誰もが一年にひとつ、歳を重ねていく。当たり前の事実を正面から受け止めて、今できることを実行する。辛くなくていい、がんばらなくていい。日々の幸せを感じられることが大切なんです。
「どんな大人も、みんな始めは子どもだった。でも、そのことを覚えている大人は、実はすっごい少ないんだ。」将来、必要になる能力、知識を子どもの完成で養い、子どもだったころを忘れない大人になってほしい。

もっと出来る。もっとやりたいを伸ばす。

療法士と名付けられた専門家だけが子どもの成長を促すのではありません。子どもたちが成長しやすい、伸びやすい環境をコーディネートし、信頼できる大人の中で子どもたちを見守っていく。それがとても重要なことだと考えています。

作業療法士が作る遊び。
小さなコミュニティが存在するプログラム。
青竹のふしの取り組み
こんな児童デイがあったらいいな。
音やタッチ
身体に感じる感覚をとっても大事に伝える。
Return Top