Read Article

お子さんのやる気スイッチをONするには?

お子さんのやる気スイッチをONするには?

こんにちは。
毎日お子さんと向き合っている保護者のみなさま

宿題をやらなきゃいけないのに、やってくれない!

とか

支度をしないといけない時間なのに、まだ全然〜〜💦

とか

子どもって、大人の思うようには動いてくれないですよね。😫

青竹のふし子ども発達リハビリセンターでは、

放課後等デイの学習支援をする際に、大切にしていることがあります。

それは

『楽しみながら学ぶこと』

お子さん本人がやる気になれず抵抗を示すときには、

おしつけずに違うアプローチを試みます。

📖 ほかのプリントを提案してみたり

📖 この学習が自分の未来にどうかかわってくるか?
を想像できるような声かけ

をしてみたり。

例えば「パソコン使うなら、ローマ字できたほうがいいよね?」と話すと、
納得してくれる子もいます。

(もちろん、お子さんの年齢にもよりますが)

決して無理強いをせず、自分から向き合えるような「動機づけ」に導いていきながら
お子さんの

気持ちと承認欲求を満たすこと

を大事にしています。

「やりたくない」だって、大切な気持ち。

でも同時に、「やれなかった自分には、なりたくない!」

という気持ちも、あったりするんです。

「やりたくない」素直な気持ちに共感し、受け止めてあげると
スッキリして、学習に向かえることも。

そうして「取り組めた」自分は、ちょっと誇らしい!

誇れる自分をたくさん感じること。

児童等デイの学習支援をとおして、「いややー!」と言っていた自分から
「できた!」自分にシフトできた成功体験は、
きっとお子様の自信につながると思います✨

そして、お迎えにきた保護者の方に、自分が取り組んだプリントを見せる時の
お子様の顔は、

もっとも誇らしく輝いていて✨✨

スタッフとしても充実感を得られる嬉しい瞬間です。

これからも、青竹のふし子ども発達リハビリセンターは、
お子様の生きる力の基礎となるような
発達支援と学習への取り組みを応援していきます!!😇💕

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top