Read Article

大阪市立阿倍野防災センターに行ってきました!

大阪市立阿倍野防災センターに行ってきました!

今年度、青竹のふし子ども発達リハビリセンターでは、スタッフ研修の一環として、
「大阪市立阿倍野防災センター」での防災体験を取り入れています。
本日はそちらでの内容を少しご紹介させていただきたいと思います!

現在、防災体験学習エリアが整備中のため、短いコースでの体験となりましたが、
防災に関する基礎はしっかりと教えていただくことができました。

今回の研修では体験できなかったのですが、エントランスを入ってすぐのところでは、
大きなドーム型の空間が準備されており、そちらでは防災体験シアターをされているとのことでした。
訪問させていただいた日にも、社会見学の小学生たちがたくさんシアターの体験をしていましたよ☆

今回青竹のふしのスタッフが受ける防災体験では、

・バーチャル地震シアター
・初期消火
・避難体験VR
・119番通報体験
・応急処置

などの内容で実施されています。

初期消火では消火剤の代わりに水を入れてある消火器で、消化器の使用方法を学ぶことができました!
また、避難体験VRでは、13歳以上の方を対象に、実際の火事現場からどのように非難するのかを体験することができます。
VRの体験も初めてだったのですが、火災現場での爆発音や煙が充満している様子、
また、その中での視界の状態など、とてもリアルで思わず煙を手で払おうとしてしまいました(;”∀”)

119番通報体験では、公衆電話の使用方法、何をどのように伝えたらいいのかも教えていただけます。
今はなかなか目にすることがない公衆電話だからこそ、使用方法がわからなくて通報できない!という場面も想定されるかと思います。
社会見学にきていた小学生たちも、なかなかうまく通報できず、苦戦している姿もありました。

応急処置では、出血と骨折を想定し、家庭にある物でできる処置方法を教えていただきました!
公園等に設置されている災害救助用資機材についての説明も受けることができましたよ☆

体験以外にも、非常持ち出し袋や非常食の販売、
記念撮影コーナー、世界各地の消防車(ミニカー)などの展示も。

この日は、運動会の代休になっている小学校もあったようで、親子で防災体験を受けておられる方もいらっしゃいました。
地震や台風での災害が大阪でも立て続けに起こり、皆さんの防災意識も高まっているかと思います。
是非この機会に、お子様と一緒に体験に行ってみられてはいかがでしょうか?

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top