Read Article

夏に流行る感染症≪プール熱≫

夏に流行る感染症≪プール熱≫

いよいよ夏休みが始まりましたね!
子供たちのウキウキ気分とは裏腹に、”早く夏休みが終わってほしい~!!”というお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか??笑

そんな夏真っ盛りな今回は、夏に流行りやすい感染症のお話をさせていただきたいと思います。

*アデノウイルス感染症とは??
6月頃から少しずつ増えはじめ、7~8月頃にピークとなり、10月頃まで流行することが多いです。
アデノウイルスは1年中活動しており、夏以外にも流行することがあります。
その名の通り、”アデノウイルス”が原因でかかる感染症で、”咽頭結膜熱”とも呼ばれます。
プールの時期に流行しやすいことから、”プール熱”と呼ばれています。

アデノウイルスによる症状は主に”結膜炎、咽頭痛、発熱”の3つです。
急な高熱に始まる「アデノウイルス感染症」ですが、高熱が3~5日ほど続きます。
アデノウイルスに効果のあるお薬はなく、症状を和らげるための対症療法が中心となります。
また、喉の痛みもかなり強く、なかなか思うように食事や水分が取れないことも。
高熱が続き、食事や水分が取りづらいとなると、脱水症状を引き起こす危険性もあるので注意が必要です。

そんなときに、比較的食べやすいのが冷たくてのど越しの良いもの!
アイスクリームやプリン、ゼリー、ヨーグルトなど、炎症を起こしている喉にも気持ちよく、飲み込みやすくなります。
栄養のあるものを取ってもらいたい・・・というときには、冷やした茶碗蒸しや冷たいおかゆもおススメですよ☆

また、結膜炎を起こすことも多く、目の充血や目やにといった症状が現れることもあります。
目やにや涙を拭き取る場合は、ティッシュペーパーや清浄綿を使い、眼を直接手で触れないように気をつけましょう。

稀に、アデノウイルスによる胃腸炎を起こすこともあり、その場合には嘔吐や激しい腹痛、下痢が起こります。
このウイルスによる胃腸炎の場合は特に、腸重積(ちょうじゅうせき)を起こすこともあるので注意が必要です。

*感染したら学校・園はどうする・・・??
アデノウイルスは集団感染する恐れのある感染症となります。
学校保健法に基づき出席停止となり、登校・登園するには医師の許可が必要となります。
*学校・園によっては、医師の許可証が必要となることがあります。
登校・登園許可の出る目安は、熱が下がり、主な症状がなくなって2日を経過してからとなります。

*感染を防ぐには・・・?
プール熱と呼ばれるくらいなので、プールの水を介して感染するのでは?と思われがちなアデノウイルスですが、
残留塩素濃度の基準を満たしているプールの水を介して感染することはほとんどありません。
感染経路としては、主に接触感染と飛沫感染になり、感染力がとても強いです。
飛沫感染は、せきやくしゃみなどで飛び散る飛沫に病原体が含まれており、口や鼻などの粘膜に直接触れることで感染します。
接触感染は、直接触れる以外にも、タオルの共用やドアノブ、階段やエスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなど、不特定多数の人が触るものからでも感染が広がります。
また、症状が治まった後も、咽頭からは7~14日間、便からは30日間程度は、ウイルスを排出し続けることがあります。

こまめに流水や石鹼で手洗いすることはもちろん、たくさんの人が触れる場所は消毒をすることが重要となってきます。
アデノウイルスは消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム(ハイターやミルトンなど)による消毒が効果的です。
また、目やにが出ている場合には、タオルを共用することで家庭内での感染も広がります。
タオルや洗面器などの共用は避け、家庭内での感染のリスクを少しでも低くしたいところですね。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top