Read Article

きちんと知ろう。熱中症~その2~

きちんと知ろう。熱中症~その2~

きちんと知ろう。熱中症~その1~では、
”熱中症とは?””熱中症の症状と重症度について”をお話いたしました。
今回は、それぞれの対処法についてお話したいと思います!

熱中症かもしれない・・・と思ったら??

まずは涼しい場所に避難しましょう。
できれば、エアコンの効いている室内や、それが難しい場合は日陰などの風通しの良い場所に移動します。

可能な限り、衣服を脱いで皮膚が空気に触れるようにし、体の熱を発散させます。
このとき、うちわや扇風機があるようなら、風の力も使って体を冷やしましょう。
氷のうやアイスノンがあれば、皮膚の近くを通っている太い血管のある場所(首すじ、 脇の下、 大腿の付け根、股関節あたり)を冷やしてあげるとさらに効果的です!

重症度による対処法は??

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症 のとき≫

意識がはっきりしている状態なので、自力での水分摂取が可能です。
涼しい場所で体を冷やすとともに、水分・塩分を補給しましょう。

水分・塩分補給には、スポーツドリンクやOS-1などの経口補水液がおススメです。
1ℓの水に対し、1~2gの塩を溶かした食塩水も効果があります。

Ⅱ度:病院への受診や搬送が必要となる中等症 のとき≫

Ⅰ度と同様にまずは涼しい場所で体を冷やしましょう。
足を高くし、横になって休むとともに、水分・塩分を補給しましょう。
この時、自力で水分摂取が難しいようであれば、すぐに受診することが必要です。

自力での水分補給が可能であっても、症状が改善しないときは病院を受診しましょう。

Ⅲ度:入院して集中治療が必要となる重症 のとき≫

まずは救急隊へ搬送を要請します。
それと同時に、涼しい場所へ移動し、氷を使って体を冷やします。
可能な限り早く体温を下げることが重要となります。

特に、高齢の方やお子さんは、自分で症状に気が付きにくく、重症化しやすい傾向にあります。
普段から気を付けて声を掛け合っていくようにしていきたいですね!

きちんと知ろう。熱中症~その3~では、どんな環境だと熱中症が起こりやすいのか、
どんな人が熱中症になりやすいのかをお話したいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top